トップページ > 色と光の知識 > カラーストーリー (8) 色の許容差の事例

(8) 色の許容差の事例

測定した三刺激値XYZをUCS(均等色空間)に変換すると、例えば図9のL*a*b*座標で表示できるようになりますので、2色の座標間の距離で知覚色差の大小が比べられます。つまり、色の許容範囲を色差値で表現することができます。色の許容差は当事者間の協定によって決めるべきものですが、参考までに、JIS規格や各種の工業界で、一般的に使用されている事例を、図10に紹介してみました。

[図10:色の許容差の事例]
色の許容差の事例