トップページ > 色と光の知識 > カラーストーリー (2) 色の三要素:色相・明度・彩度

色の三要素 色相・明度・彩度

色にも表情があります

「十人十色」のように色にもそれぞれに表情があります。色の三大要素(色相・明度・彩度)、三属性と呼ばれるこの三つの要素の組合わせで創りだされる色はさまざまなトーンを表現します。トーンというのは色の"浅い-深い"、"明るい-暗い"あるいは"強い-弱い"といった形容詞で表現される色の表情です。赤にも浅い赤もあれば深い赤もあります。明るい赤もあれば暗い赤もあります。また、強い赤もあれば弱い赤もあります。トーンの表現によって、色は豊かな表情を持つことができます。つまり、図1に示すように、トーンは色の明度と彩度を複合させた直感的な色の印象を表わしています。では、色の表情の世界をのぞいてみましょう。

色の表情

色相(しきそう)・色あい

色相は、赤、黄、緑、青、紫という言葉で区別できる色の性質です。それぞれは独立したものではなく、お互いが連続してつながりあって色相の輪をつくります。赤と黄の間には、両方の要素を含む色が無数に存在するのです。例えば、黄みの赤、赤みの橙、橙、黄みの橙、赤みの黄というように(図4参照)。また、色相が変化するにしたがって、暖かい感じの色から冷たい感じの色へと表情を変化させます。それを色の"暖寒感"といいます。

明度(めいど)・明るさ

色の明るさの度合いを明度といいます。色には色相とは別に明るい色、暗い色というように色を比較して区別することができます。鮮やかな黄色は純色ですが、鮮やかな青は比較的暗い純色といえるでしょう。空色は明るい色ですがオリーブ色は暗い色の仲間ですね。図1で、下から上に行くほどに明るい色になっています。明るい色はさわやかで軽快な感じの色に、また、暗い色は重厚で落ち着いた感じの色になります。これを色の"軽重感"といいます。

彩度(さいど)・あざやかさ

色には色相、明るさとは別に"鮮やかさ"あるいは"強さ"といった性質の差があります。赤系統の色でも、日の丸の赤は鮮やかな赤ですが、れんが色のそれはくすんだ赤といえましょう。うぐいす色はくすんだ黄緑ですが、初夏の陽射しを受けた若葉の色は鮮やかな黄緑といえましょう。色の鮮やかさやくすみの程度を数量的に表したのが彩度です。鮮やかな色ははなやかな目立つ色になりますし、くすんだ色には、おだやかで上品な色が多いようです。これを"派手地味感"といいます。